2022年01月08日

マイクロファインエアー(MFA)

MFA-1.jpg

タイヤの空気は、通常エアーコンプレッサーで圧縮することで、水分や油分を媒体に窒素や酸素等の分子は様々な個数で繋がった状態でタイヤ内に充填されます。
マイクロファインエアーは、圧縮空気がMFA本体を通過する段階で、水分や油分を極力取り除き、MFA内のフィルターにぶつかることで、細分化された状態でタイヤに充填されます。そのためタイヤ内の状態は、同じ空気圧でもより密度の高い状態を作りだすことができます。
空気密度が高い状態は、空気の反発力はそのままに、タイヤのトレッド面をより丸い状態に近づけ、サイドウォールに張りを与えます。よってタイヤはより転がり安く、大きな入力ではサイドウォールが潰れにくく、小さな入力ではトレッド面の動きが良くなることで面圧を稼いだり、段差等の微振動を和らげることができます。
 
これらのタイヤの動きの変化により、様々な変化が得られます
・ 乗り心地が変わる
・ 直進性が変わる
・ タイヤの静粛性が変わる
・ 車の動き出しが変わる
・ コーナリングが変わる
・ ブレーキングが変わる
・ タイヤの滑り出しが変わる
(但し、タイヤサイズや銘柄により変化の状態は変わります)

<販売価格>
業務用販売のみとなりますので、価格はメールにてお問い合わせください。
・MFAスタートセット

☆メールアドレス euroresearch@if-n.ne.jp

<注意事項>
・MFAは6キロを超える空気圧では使用しないでください。
・MFAは普通車で100台を目安にフィルターの交換をお勧めします。
・フィルター交換は弊社にて承ります。:本体点検作業&100台分ラベル付き

<MFA使用方法>
IMG_0301.jpg

DSC_2726.jpg

MFAを既存のエアゲージとエアホースの間につなげて完了です。
後は、各タイヤごとエアーの抜き変え作業を確実に行ってください。



posted by MFA at 16:42| 日記